ブログトップ

また、ゲームですか

bloodcross.exblog.jp

ゲーム日誌

TERA:日本運営プロデューサー潮田太一氏インタビュー

そんなに目新しいものでは、こちらに記事があったので

日本運営プロデューサー潮田太一氏インタビュー

特に気になるところを 抜粋してみました^^

編: 韓国NHNの発表では、PKの有無も決定できるということですが、日本でもそうなるのですか?
潮田氏: そうですね。PKできる、できないも領主の判断次第です。

ほほう・・・しかし領主になれるのは 大きいギルドのとこだし PKはあるんだろうなぁ

編: テストについては、どういったかたちで考えていますか?
潮田氏: まず、クローズドβテスト(CBT)を行ないまして、そこでお客様の言葉をある程度集めて、そこで致命的な部分があったりすれば可能な範囲で対応するという流れになっています。それと11月19日にティザーサイトで「TERA LEADER」の募集を始めました。毎月募集をかけるのですが、今回が第1回の募集になりますので、その記念として200名を選抜させていただく予定です。オンラインゲームに興味を持ってくださっている方の中で、ツイッターやブログで自分の意見を発信しているような方にご応募いただいて、その中からさらに選抜させていただきます。そして来年、日本版の最新クライアントを使った社内テストにご参加いただくという計画があります

テストは、早くて来年ということですね

編: 日本版は独自仕様があるのですか?
潮田氏: 「TERA」はグローバルな戦略をとっていますので、韓国、アメリカ、ドイツ、日本で基本的には同じクライアント、同じサービスで提供します。ただそこに至るまでに各パブリッシャーからの意見を開発会社に伝えている状況で、それを踏まえて開発して今最終段階に入っているところです。

編: 韓国では月額という発表があって、当然日本でもそちらを望む声が大きいのかなという印象はありますね
潮田氏: そうですね。ここが難しいところで、例えば自分が学生だったころを振り返れば基本無料のほうが嬉しいお客様は多いと思うのですが、サービスのクオリティを保つという意味では、本当にこのゲームがやりたいと思っているお客様に対してまずは提供したい。その目的に合うような課金体系にしたいとは考えています。いずれにせよ、「TERA」を遊ぶお客様が「TERAは本当に楽しいね」と言えるための課金にしたいのです。なかなか100人が100人納得できるシステムは難しいですけれども。

ほぼ、月額で決定ぽいですねぇ・・・(後は値段だね そこだけ日本独自仕様だったりしてw
[PR]
by hiro_711i | 2010-12-09 23:53 | TERA